C調コトバ

プロ野球ネタ、特に巨人ネタが多し。スポーツをはじめ映画、音楽、マンガなどなど。
R指定とは無縁!PTA推奨の安心サイト。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
【夏の甲子園2013】 「花巻東の小さな巨人」千葉君のカット打法〜それが私の生きる道〜の巻き
JUGEMテーマ:スポーツ


カット打法巡り大会本部に抗議電話50件超!


難しい問題。


難しい問題だよねぇ。


決勝戦までの出塁率が8割、打率も7割と素晴らしい成績でチームに貢献してきた千葉君。カットする技術があるという事は、ヒットを打つ技術もあるっていうことも証明した。


甲子園の準決勝の直前という、注意したタイミングが問題なのか、それともカット打法自体に問題があるのかは分からないけど、今回はタイミングに怒っている人が多いみたいで抗議電話殺到。


カットが目的なのか、それともヒットを打とうとしてファールになっているのかは判断が難しいところだけど、カットが相当な技術を要することは野球をやったことがある人なら容易に分かること。 草野球レベルでも難しい。


しかし、個人的には甲子園ではやめたほうがよかったかも、と思った。甲子園は普段の努力を見せる集大成の場所であるので、カット打法を身につけてレギュラーを奪取した千葉君としては当然カットをして球数を多く投げさせて、最終的に出塁してチームに貢献するのが目的。 それは当然のことだとは思う。


では、こんな時もカット打法を称賛できるか。
試合も終盤。相手のピッチャーは県予選から一人で投げ抜いてきたエースであり、炎天下の中投げ続けてそろそろ限界。球数は180球を超え、時折、足がつっているような仕草も見せ始めた。頭も朦朧としているようで熱中症になっている可能性もある。このまま投げ続ければ肩を壊すどころか、命の危険もある。そんな中、打者がカット打法で球数を多く投げさせている。


実際こんな状況になればカットしないだろうし、ピッチャー交代だろう。
しかし、甲子園という大舞台ではピッチャーはずっとマウンドに立っていたいと思うだろうし、多少の異変ならベンチに悟られまいとするだろう。
肩が壊れようが何が起きようが試合終了まで投げ抜きたい、と言っていた投手もいたし、投げたいなら気の済むまで投げさせる、と言っていた監督もいた。


「オヤジの栄光はいつだ?……俺の栄光は今なんだよ」といってケガをしながらプレーした桜木花道もいたけど、さすがにマンガとはわけが違うぜよ。


休養日が設けられた趣旨はまさに「選手の保護」。 今年の休養日設定は選手には大好評らしく、来年以降も続くと思われる。球数制限の議論もしているという話もある。


毎日試合があるわけじゃない大学のリーグ戦、週に1度しか先発しないプロのピッチャーを相手にする場合には、どんどんカットしてその技術を見せつけて欲しいと思う。


巨人の川相コーチは「ウチに欲しい」とまで言っているし、中日の井端にしても巨人の松本にしても、カットして粘って出塁する能力によってレギュラーを掴んだ選手もいる。小柄だけど守備力も高いという共通点もある。


注意のタイミングもあって千葉君には悔しい結果となったけど、今後の野球人生ではカットしまくって観客を沸かせて欲しいと思う。


そして、4年後に「小さな巨人」というキャッチフレーズで巨人に入団しませんか?



お待ちしています。






←元祖「小さな巨人」里中!





| 甲子園 | 03:00 | comments(0) | - | ↑TOP
【夏の甲子園2013】 甲子園初出場初優勝!〜前橋育英は済美の道を辿れるか〜の巻き
JUGEMテーマ:スポーツ


朝日新聞が推す大阪桐蔭、浦和学院、日大三高、常葉菊川、済美の「5強」は結局4強にも入らないというオチがつき、甲子園終了。

3回戦あたりからシンデレラボーイ的な匂いがぷんぷんしてきた前橋育英のエース高橋光成君が最後も投げ抜き、歓喜の初制覇となった。


投げては抑え、点を取られても自責点にならず、チャンスで打席が回ってきて、そしてイイ所で打つ。


今年の甲子園は高橋君のためにあったんじゃないかと思うような大会だった。


誰だ!


優勝は大阪桐蔭か日大三高だ!なんて言ったのは!


オレだオレだオレオだ〜!


まぁ、高校野球はさっぱり分からないよね。


今回の前橋育英を見て思い出したのは、2004年に彗星のごとく現れ今ではすっかり強豪校の仲間入りを果たした愛媛の済美高校だ。

当時、春の選抜大会に初出場を果たした済美高校は、その後、校訓にもなり校歌の歌詞にもなったという「やればできるは魔法の合言葉」をスローガンに、現在は日本ハムにいる鵜久森と広島カープの福井を中心に数々の逆転劇を演じて、初出場初優勝。その勢いで夏の甲子園でも初出場で準優勝した。

プロに入ってからは鵜久森も福井も微妙だけど、当時は凄かった。


前橋育英が強豪校の仲間入りを果たせるかは今後の戦い方が重要になってくる。


だって高橋コーナ君、まだ2年生だからね。


まずは来年の群馬県予選を勝ち抜けるのか注目したい。

| 甲子園 | 21:30 | comments(0) | - | ↑TOP
【夏の甲子園2013】 本命なき大混戦!〜戦国甲子園を制する高校はどこだ?〜の巻き
JUGEMテーマ:スポーツ


広島で菅野がチームトップの10勝目を挙げ、秋田でヤクルトのラルーがスクール水着で始球式を務めた壇密のお尻に取り乱してDeNAにボコボコにKOされた頃、甲子園では優勝候補の一角である選抜王者の浦和学院が1回戦で消える波乱があった。


きっと、ラルーは野球どころではなくなったのだろう。これでラルーは来年の契約は厳しくなったね。怖い女だぜ、壇密。


今年もきたぜ!坊主だらけの夏、2013。


さて、甲子園では例年優勝候補の大本命と言われる高校があるものなのだが、今年は久しぶりに大本命なしの大会となり、優勝予想が難しい。


一家に一冊、みなさんご存じの「週刊朝日増刊号 甲子園2013」の朝日新聞担当記者による分析では、今大会は大本命こそないものの、「選抜王者の浦和学院」、「夏連覇に挑む大阪桐蔭」、「一昨年の覇者・日大三高」、「春の東海大会を制した常葉菊川」、「選抜準優勝の済美」、の5強と予想。


早くも5強の1角を担う浦和学院が消えるという波乱があったわけだけど、2年生エース小島が182球を投げたところで足をつって降板、その後サヨナラ負けを喫した。選抜大会での済美:安楽の件もあり、もしかしたら球数制限というルールが出来るかもしれない。今回から決勝戦の前日を休養日にする措置になったから、その流れはもうできているし。


夏は打線の強い所が優勝するのが近年の定番となっており、去年の大阪桐蔭、2011年の日大三高、2010年の興南、2009年の中京大中京、2008年の大阪桐蔭、いずれも強力な打線が自慢の高校で、おまけに投手力も高かった。例外は2007年の佐賀北くらいだろう。


ということで、優勝は日大三高か大阪桐蔭と予想。


大阪桐蔭は去年の主軸でもあった森、近田、笠松が丸ごと残っているのが強み。森君と近田君のスイングなんてピッチャーからしたらチビっちゃうレベルだが、投手力には難がある。


巨人来ないかな、森君。


桐光に勝った横浜も捨てがたいけど、2年生中心のチームなので来年が本命か。


プロ野球のペナントレースもほぼ詰んだ感があるので、これからの10日間くらいは高校野球を楽しむとしよう。



| 甲子園 | 23:58 | comments(0) | - | ↑TOP
リンクはスーパーフリー!
PTAに推奨される感じのがよいかもしれない。 が、基本なんでもよい。 が、面白いとなおイイ。
押してダメなら押し倒せ!
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
  • 【巨人以外のお話をしてみよう】 ヤクルト・江村にみる広島・今村の残像
    チャッキー (04/28)
  • 【巨人以外のお話をしてみよう】 ヤクルト・江村にみる広島・今村の残像
    河野 (04/25)
  • 【映画鑑賞記】 〜レ・ミゼラブル〜の巻き
    チャッキー (03/20)
  • 【2013WBC】 2次予選 VSオランダ(2度目)
    チャッキー (03/20)
  • 【映画鑑賞記】 〜レ・ミゼラブル〜の巻き
    ぽこ (03/20)
  • 【映画鑑賞記】 〜レ・ミゼラブル〜の巻き
    小畠 (03/19)
  • 【2013WBC】 2次予選 VSオランダ(2度目)
    ぽこ (03/18)
  • リンガーハットにハマリ中
    旧友 (10/07)
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS